manapedia
直線上における内分点と外分点
著作名: OKボーイ
111,949 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

内分と外分

ここでは直線における内分外分について説明したいと思います。

内分

下図のように直線ABがあったときに、この直線ABをm:nにわける点Pがあったとします。このように直線ABを内側で2つにわける点Pのことを、直線ABの内分点であるといいます。そして、この点Pは直線ABをm:nに内分する点であるというように表記します。
ALT


実際に問題を解いてみましょう。例えば次のような問題。

点A(1)、点B(5)を結ぶ直線ABを3:1に内分する点P(x)を求めなさい。


点A?点B?と頭が混乱してしまった人は、直線ではなく座標軸で考えてみるとわかりやすいかもしれません。
ALT


図のように、x軸上の点A(1)と点B(5)を3:1に内分する点Pを求めなさいと考えてもいいかもしれませんね。


ABを3:1に内分するということは、AP:PB=3:1であると書き換えることができます。
また、ABの距離は4ですので(5-4=1)以上のことから点Pは(4)ということになります。

求め方はいくつかありますが
AP+PB=4 …①
AP:PB=3:1より、AP=3PB …②
②を①に代入して、4PB=4 
よってPB=1

このことから、点B(5)から1だけ点Aによった点が点Pになるというわけです。

以上のように図を書いてひとつひとつ求めることはできるのですが、これだと時間がかかりすぎてしまいます。そこで、内分点を求める公式というものが存在しますので、覚えておくと便利です。

2つの点、A(a)とB(b)を結ぶ直線ABをm:nに内分する点Pがあった場合、P(x)は



で求めることができる。


実際に先ほどの例に当てはめてみましょう。
点A(1)と点B(5)を3:1に内分する点P(x)を求めるので、公式に当てはめて


ということで、先ほどと同じ答えになりましたね。

次は外分点


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II