manapedia
サイン(sin)を使った三角形の面積を求める公式とその証明
著作名: ふぇるまー
85,097 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三角形の面積を求める公式

三角形の面積を求める公式といえば「底辺×高さ÷2」を思い出しますが、ここでは「サインを使って三角形の面積を求める公式」を紹介します。

ALT


図のような△ABCの面積をSとしたとき



公式の証明

ではこの公式を証明していきましょう。

ALT


図のようにAから辺BCに垂線をおろし、その交点をHとします。△ABHにおいて、



これを整理すると

AH=c sinB ー①

このAHは何かというと、△ABCの高さですね。三角形の高さがわかったので、三角形の面積を求める公式「底辺×高さ÷2」より△ABCの面積Sは

S=BC×AH÷2

"BC=a"、①より"AH=c sinB"なのでこれを代入すると

"S=a×c sinB÷2"、つまり



が成り立つことがわかります。
∠Aと∠Cにおいても同様にして公式を導くことができます。


以上から、サインを用いて三角形の面積を求める公式が証明できました。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I