manapedia
更級日記 原文全集「竹の葉の風」
著作名: 古典愛好家
2,756 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

竹の葉の風

八月になりて、廿余日のあかつきがたの月、いみじくあはれに、山の方はこぐらく、滝の音もにるものなくのみながめられて、

  思ひ知る人に見せばや山里の 秋の夜ふかきありあけの月

京にかへり出づるに、わたりし時は、水ばかり見えし田どもも、皆かりはててけり。

  苗代の水かげばかり見えし田の かりはつるまで長居しにけり


十月つごもりがたに、あからさまにきて見れば、こぐらうしげれりし木の葉ども、残りなく散り乱れて、いみじくあはれげに見えわたりて、心地よげにささらき流れし水も、木の葉にうづもれて、あとばかり見ゆ。

  水さへぞすみたえにける木の葉ちる あらしの山の心細さに


そこなる尼に、

「春まで命あらば必ず来む。花盛りはまづ告げよ」


などいひてかへりにしを、年かへりて、三月十余日になるまで音もせねば、

  契りおきし花の盛りをつげぬかな 春やまだこぬ花やにほはぬ


旅なる所にきて、月の頃、竹のもとちかくて、風の音に目のみさめて、うちとけてねられぬころ、

  竹の葉のそよぐ夜ごとにねさめして なにともなきに物ぞ悲しき

秋ごろ、そこをたちて、ほかへうつろひて、そのあるじに、

  いづことも露のあはれはわかれじを 浅茅(あさぢ)が原の秋ぞ悲しき




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。