manapedia
更級日記 原文全集「姉の死」
著作名: 古典愛好家
4,470 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

姉の死

その五月のついたちに、姉なる人、子うみてなくなりぬ。よそのことだに、をさなくよりいみじくあはれと思ひわたるに、ましていはむかたなく、あはれ、かなしと思ひ嘆かる。母などは、みななくなりたる方にあるに、形見にとまりたるをさなき人々を、左右にふせたるに、あれたる板屋のひまより月のもりきて、ちごの顔にあたりたるが、いとゆゆしくおぼゆれば、袖をうちおほひて、いまひとりをもかきよせて、思ふぞいみじきや。


そのほどすぎて、親族なる人のもとより、

「昔の人の、かならずもとめておこせよとありしかば、もとめしに、そのをりはえ見いでずなりにしを、今しも人のおこせたるが、あはれにかなしきこと」


とて、かばねたづぬる宮といふ物語をおこせたり。まことにぞあはれなるや。かへりごとに、

  うづもれぬかばねを何にたづねけむ 苔のしたには身こそなりけれ


乳母(めのと)なりし人、

「今は何につけてか」


など、なくなく、もとありける所にかへりわたるに、

ふるさとにかくこそ人はかへりけれ あはれいかなる別れなりけむ

昔の形見には、いかでとなむ思ふ」


などかきて、

「硯の水のこほれば、皆とぢられてとどめつ」


といひたるに、

  かきながすあとはつららにとぢてけり なにを忘れぬかたみとか見む

といひやりたるかへりごとに、

  なぐさむるかたもなぎさの浜千鳥 なにかうき世にあともとどめむ

この乳母、墓所見て、、なくなくかへりたりし。

  のぼりけむ野辺は煙もなかりけむ いづこをはかとたづねてか見し

これをききて、継母なりし人、

  そこはかと知りてゆかねど先にたつ 涙ぞ道のしるべなりける

かばねたづぬる宮おこせたりし人、

  すみなれぬ野辺の笹原あとはかも なくなくいかにたづねわびけむ

これを見て、せうとは、その夜おくりにいきたりしかば、

  見しままにもえし煙はつきにしをいかがたづねし野辺の笹原


雪の、日をへて降るころ、吉野山に住む尼君を思ひやる。

  雪降りてまれの人めもたえぬらむ 吉野の山の峰のかけみち



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。