manapedia
更級日記 原文全集「子猫」
著作名: 古典愛好家
6,670 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

子猫

三月つごもりがた、土忌に人のもとにわたりたるに、桜さかりにおもしろく、今まで散らぬもあり。かへりてまたの日、

  あかざりし宿の桜を春くれて 散りがたにしも一目みしかな

といひにやる。

花の咲き散るをりごとに、乳母(めのと)なくなりしをりぞかしとのみあはれなるに、同じをりなくなり給ひし侍従大納言の御女の手を見つつ、すずろにあはれなるに、五月ばかり、夜ふくるまで物語をよみて起きゐたれば、来つらむ方も見えぬに、猫のいとなごうないたるを、驚きて見れば、いみじうをかしげなる猫あり。いづくより来つる猫ぞと見るに、姉なる人、

「あなかま。人にきかすな。いとをかしげなる猫なり。飼はむ」


とあるに、いみじう人なれつつ、かたはらにうちふしたり。たづぬる人やあると、これをかくして飼ふに、すべて下衆のあたりにもよらず、つと前にのみありて、ものもきたなげなるは、ほかざまに顔を向けてくはず。姉おととの中に、つとまとはれて、をかしがりらうたがるほどに、姉のなやむことあるに、ものさはがしくて、この猫を北面にのみあらせて呼ばねば、かしかましく鳴きののしれども、なほさるにてこそはと思ひてあるに、わづらふ姉、おどろきて、

「いづら、猫は。こちゐて来」


とあるを、

「など」


ととへば、

「夢に、この猫のかたはらに来て、『おのれは、侍従の大納言の御女の、かくなりたるなり。さるべき縁のいささかありて、この中の君の、すずろにあはれと思ひいで給へば、ただしばしここにあるを、このごろ下衆の中にありて、いみじうわびしきこと。』といひて、いみじう鳴くさまは、あてにをかしげなる人と見えて、うちおどろきたれば、この猫の声にてあるつるが、いみじくあはれなるなり」


とかたり給ふをきくに、いみじくあはれなり。


その後は、この猫を北面にもいださず、思ひかしづく。ただひとりゐたる所に、この猫が向かひゐたれば、かいなでつつ、

「侍従大納言の姫君のおはするな。大納言に知らせたてまつらばや」


といひかくれば、顔をうちまもりつつ、なごう鳴くも、心のなし、目のうちつけに、例の猫にはあらず、聞き知り顔にあはれなり。


世の中に長恨歌といふ文を、物語にかきてある所あなりときくに、いみじくゆかしけれど、えいひよらぬに、さるべきたよりをたづねて、七月七日いひやる。

  ちぎりけむ昔のけふのゆかしさに 天の河波うちいでつるかな

返し、

  立ち出づる天の河辺のゆかしさに つねはゆゆしきことも忘れぬ


その十三日の夜、月いみじくくまなくあかきに、みな人も寝たる夜中ばかりに、縁に出でゐて、姉なる人、空をつくづくとながめて、

「ただ今、行方なくとびうせなば、いかが思ふべき」


ととふに、なまおそろしと思へるけしきを見て、ことごとにいひなして、笑ひなどしてきけば、かたはらなる所に、前駆(さき)をふ車とまりて、

「をぎの葉、をぎの葉」


とよばすれど、こたへざなり。よびわづらひて、笛をいとをかしくふきすまして、すぎぬなり。

  笛の音のただ秋風ときこゆるに などをぎの葉のそよとこたへぬ

といひたれば、げにとて、

  をぎの葉のこたふるまでもふきよらで ただにすぎぬる笛の音ぞうき

かやうに明くるまでながめあかいて、夜あけてぞみな人寝ぬる。


そのかへる年、四月の夜中ばかりに火のことありて、大納言殿の姫君と思ひかしづきし猫もやけぬ。

「大納言の姫君」


とよびしかば、ききしり顔に鳴きて、あゆみ来(き)などせしかば、父なりし人も、

「めづらかにあはれなることなり。大納言に申さむ」


などありしほどに、いみじうあはれに、口惜しくおぼゆ。


ひろびろと、ものふかき深山(みやま)のやうにはありながら、花紅葉のをりは、四方の山辺もなにならぬを見ならひたるに、たとしへなくせばき所の、庭のほどもなく、木などもなきに、いと心うきに、むかひなる所に、梅、紅梅など咲き乱れて、風につけて、かかへくるにつけても、住みなれしふるさと、かぎりなく思ひ出でらる。

  にほひくるとなりの風を身にしめて ありし軒端(のきば)の梅ぞこひしき


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。