manapedia
更級日記 原文全集「梅の立ち枝」
著作名: 古典愛好家
7,286 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

梅の立ち枝

継母なりし人は、宮仕へせしがくだりしなれば、思ひしにあらぬことどもなどありて、世の中うらめしげにて、ほかにわたるとて、五つばかりなる児どもなどして、

「あはれなりつる心のほどなむ、忘れむ世あるまじき」

などいひて、梅の木の、つま近くていと大きなるを、

「これが花の咲かむ折は来むよ」

といひおきてわたりぬるを、心の内に、恋しくあはれなりと思ひつつ、しのびねをのみ泣きて、その年もかへりぬ。いつしか梅咲かなむ、来むとありしを、さやあると、目をかけてまちわたるに、花もみな咲きぬれど、音もせず、思ひわびて、花を折りてやる。

  たのめしをなほや待つべき霜がれし 梅をも春は忘れざりけり

といひやりたれば、あはれなることども書きて、

  なほたのめ梅の立ち枝はちぎりおかぬ 思ひのほかの人もとふなり






このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。