manapedia
更級日記 原文全集「遠江国/三河国」
著作名: 古典愛好家
3,539 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

遠江国

沼尻といふ所もすがすがとすぎて、いみじくわづらひいでて、遠江(とおたうみ)にかかる。さやの中山など、越えけむほどもおぼえず。いみじく苦しければ、天中といふ河のつらに、仮屋つくりまうけたりければ、そこにて日ごろすぐるほどにぞ、やうやうをこたる。冬ふかくなりたれば、河風けはしくふきあげつつ、堪へがたくおぼえけり。


そのわたりして、浜名の橋についたり。浜名の橋、下りしときは黒木をわたしたりし、このたびは跡だに見えねば、舟にてわたる。入り江にわたりし橋なり。外の海は、いといみじくあしく、波たかくて、入り江のいたづらなる州どもに、こと物もなく、松原のしげれる中より、波のよせかへるも、いろいろの玉のやうに見え、まことに、松の末より波はこゆるやうに見えて、いみじくおもしろし。


三河国

それよりかみは、ゐのはなといふ坂の、えもいはずわびしきを上りぬれば、三河の国のたかしの浜といふ。八橋は名のみにして、橋のかたもなく、なにの見どころもなし。ふたむらの山の中にとまりたる夜、大きなる柿の木の下に、庵をつくりたれば、夜ひとよ、庵の上に柿の落ちかかりたるを、人々ひろひなどす。宮路の山といふ所こゆるほど、十月つごもりなるに、紅葉ちらでさかりなり。

  嵐こそふきこざりけれ宮路山 まだもみぢ葉のちらでのこれる

駿河と尾張となる、しかすがのわたり、げに思ひわづらひぬべくをかし。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。