manapedia
土佐日記 原文全集「黒崎の松原」
著作名: 古典愛好家
2,189 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

黒崎の松原

二月一日

二月一日、朝の間、雨降る。午時はかりに止みぬれば、和泉の灘といふ所より出でて、漕ぎ行く。海の上、昨日のごとくに風波見えず。

黒崎の松原を経て行く。所の名は黒く、松の色は青く、磯の波は雪のごとくに、貝の色は蘇芳(すはう)に、五色いにいま一色ぞたらぬ。

この間に、今日は箱の浦といふ所より綱手曳きて行く。かく行く間に、ある人の詠める歌、

  玉くしげ箱の浦波たたぬ日は 海を鏡とたれか見ざらむ

また、船君の曰く、

「この月までなりぬること」


と嘆きて、苦しきにたへずして、

「人も言ふこと」


とて、心やりに言へる。

  曳く船の綱手のながき春の日を 四十日五十日(よそかいか)までわれは経にけり

聞く人の思へるやう、

「なぞ、ただ言なる」


とひそかに言ふべし。

「船君のからくひねりいだして、よし、と思へることを。怨じもこそし給べ」


とて、つつめきてやみぬ。

にはかに風波高ければ、とどまりぬ。


二月二日

二日。雨風止まず。日一日、夜もすがら、神仏を祈る。


二月三日

三日。海の上、昨日のやうなれば、船出ださず。

風の吹くこと止まねば、岸の波立ちかへる。これにつけても詠める歌、

  麻をよりてかひなきものは落ちつもる 涙の玉を貫かぬなりけり

かくて今日暮れぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。