manapedia
土佐日記 原文全集「阿波の水門」
著作名: 古典愛好家
3,065 views
阿波の水門

一月三十日

卅日。雨風吹かず。

「海賊は夜歩きせざなり」


と聞きて、夜中ばかりに船を出だして、阿波の水門を渡る。夜中なれば、西東も見へず。男女、からく神仏を祈りて、この水門を渡りぬ。寅卯の時ばかりに、沼島といふ所を過ぎて、田奈川といふ所を渡る。からくいそぎて、和泉の灘といふ所にいたりぬ。

今日、海に波に似たるものなし。神仏のめぐみかうぶれるに似たり。今日、船にのりし日より数ふれば、三十日あまり九日になりにけり。今は和泉の国に来ぬれば、海賊ものならず。                                                                              





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。