manapedia
土佐日記 原文全集「阿部仲麻呂の歌」
著作名: 古典愛好家
2,250 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

阿部仲麻呂の歌

一月十九日

十九日。日悪しければ、船出さず。


一月二十日

廿日。昨日のやうなれば、船出ださず。みな人々憂へなげく。苦しく心もとなければ、ただ日の経ぬる数を、今日幾日、二十日、三十日とかぞふれば、指もそこなはれぬべし。いとわびし。夜はいも寝ず。

廿日の夜の月出でにけり。山の端もなくて、海の中よりぞいで来る。かやうなるを見てや、昔、阿倍の仲麻呂といひける人は、唐土(もろこし)にわたりて、かへり来ける時に、船に乗るべき所にて、かの国人、馬のはなむけし、別れ惜しみて、かしこの漢詩つくりなどしける。飽かずやありけむ、廿日の夜の月いづるまでぞありける。その月は海よりぞいでける。これを見てぞ、仲麻呂の主、

「わが国にかかる歌をなむ、神代より神も詠ん給(た)び、今は上中下の人も、かうやうに別れ惜しみ、喜びもあり、悲しびもある時には詠む」


とて、詠めりける歌、

  青海原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも

とぞ詠めりける。かの国人、聞き知るまじく思ほえたれども、ことの心を、男文字に様を書きいだして、ここの言葉つたへたる人にいひ知らせければ、心をや聞きえたりけむ、いと思ひのほかになむめでける。唐土とこの国とは、言異なるものなれど、月の影は同じことなるべければ、人の心も同じことにやあらむ。さて、今、当時を思ひやりて、ある人の詠める歌、

  都にて山の端に見し月なれど 波よりいでて波にこそ入れ



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。