manapedia
土佐日記 原文全集「羽根」
著作名: 古典愛好家
4,050 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

羽根

一月十一日

十一日。暁に船を出だして、室津を追ふ。

人みなまだ寝たれば、海のありやうも見へず。ただ月を見てぞ、西東をば知りける。かかる間に、みな夜明けて、手洗ひ、例のことどもして、昼になりぬ。

今し、羽根といふ所に来ぬ。稚(わか)き童、この所の名を聞きて、

「羽根といふ所は、鳥の羽根のやうにやある」


といふ。まだ幼き童のことなれば、人々笑ふ時に、ありける女童なむ、この歌を詠める。

  まことにて名に聞くところ羽根ならば 飛ぶがごとくに都へもがな

とぞ言へる。男も女も、いかで疾(と)く京へもがな、と思ふ心あれば、この歌よしとにはあらねど、げにと思ひて、人々忘れず。この羽根といふ所問ふ童(わらは)のついでにぞ、また昔へ人を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。今日はまして母の悲しがらるることは、下りし時の人の数たらねば、古歌に、

「数は足らでぞかへるべらなる」


といふことを思ひ出でて、人の詠める、

  世の中に思ひやれども子を恋ふる思ひのまさる思ひなきかな

と言ひつつなむ。


一月十二日

十二日。雨降らず。ふむとき、これもちが船のおくれたりし、奈良志津より室津に来ぬ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。