manapedia
土佐日記 原文全集「船出の日(船出)」
著作名: 古典愛好家
3,595 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

船出の日

十二月廿七日

廿七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。

かくあるうちに、京にて生まれたりし女子、国にてにはかに失せにしかば、このごろの出で立ちいそぎを見れど、何ごともいはず。京へ帰るに、女子の亡きのみぞ悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。このあひだに、ある人の書きて出だせる歌、

  都へと思ふをものの悲しきは 帰らぬ人のあればなりけり

また、ある時には、

  あるものと忘れつつなほ亡き人を いづらと問ふぞ悲しかりける

と言ひける間に、鹿児の崎といふ所に、守(かみ)の兄弟、また他人(ことひと)、これかれ、酒なにと持て追ひ来て、磯に下りゐて、別れがたきことを言ふ。守の館の人々の中に、この来たる人々ぞ、心あるやうにはいはれほのめく。かく別れがたくいひて、かの人々の、口網ももろもちにて、この海辺にて、になひいだせる歌、

  惜しと思ふ人やとまると葦鴨(あしがも)の うち群れてこそ我は来にけれ

といひてありければ、いといたくめでて、行く人の詠めりける、

  棹させど底ひも知らぬわたつみの 深き心を君に見るかな

といふ間に、楫取(かぢとり)、もののあはれも知らで、己し酒をくらひつれば、はやく往なむとて、

「汐満ちぬ。風も吹きぬべし」


と騒げば、舟にのりなむとす。このをりに、ある人々、をりふしにつけて、漢詩ども、時に似つかわしきいふ。またある人、西国なれど、甲斐歌などいふ。

「かく歌ふに、舟屋形の塵も散り、空ゆく雲も漂ひぬ」


とぞ言ふなる。

今宵、浦戸に泊まる。藤原のときざね・橘のすゑひら、他人々追ひ来たり。


十二月廿八日

廿八日、浦戸より漕ぎ出でて、大湊をおふ。

この間に、以前(はやく)守の子、山口のちみね、酒、よきものども持て来て、船に入れたり。ゆくゆく飲み食ふ。


十二月廿九日

廿九日、大湊にとまれり。

医師、ふりはへて、屠蘇(とそ)、白散(びゃくさん)、酒くはへて持て来たり。志あるに似たり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。