manapedia
枕草子 原文全集「ある女房の/びんなき所にて/まとこにや、やがては下る」
著作名: 古典愛好家
2,878 views
ある女房の

ある女房の、遠江(とをたあふみ)の子なる人を語らひてあるが、おなじ宮人をなむ、しのびて語らふとききて、うらみければ、

「親などもかけて誓はせ給へ。いみじきそらごとなり。夢にだに見ず」


となむいふは、いかがいふべき、といひしに、
  
誓へきみ遠江の神かけて むげに浜名の橋みざりきや


びんなき所にて

びんなき所にて、人にものをいひける、胸のいみじう走りけるを、

「などかくある」


といひける人に、

逢坂は胸のみつねに走井の 見つくる人やあらむと思へば


まとこにや、やがては下る

「まとこにや、やがては下る」


といひたる人に、
  
思ひだにかからぬ山のさせも草 誰かいぶきのさとはつげしぞ



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。