manapedia
枕草子 原文全集「三月ばかり」
著作名: 古典愛好家
3,418 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三月ばかり

三月ばかり物忌(ものいみ)しにとて、かりそめなる所に、人の家に行きたれば、木どもなどのはかばかしからぬ中に、柳といひて、例のやうになまめかしはあらず、ひろく見えてにくげなるを、あらぬものなめりといへど、かかるもありなどいふに、
  
さかしらに柳のまゆのひろごりて はるのおもてをふする宿かな

とこそ見ゆれ。
 

そのころ、またおなじ物忌しに、さやうの所に出でくるに、二日といふ日の昼つかた、いとつれづれまさりて、ただ今もまゐりぬべき心地するほどしも、仰せごとのあれば、いとうれしくて見る。浅緑の紙に、宰相の君、いとをかしげに書い給へり。
  
いかにして過ぎにしかたを過ぐしけむ くらしわづらふ昨日今日かな

となむ。私には、

「今日しも千年の心地するに、あかつきにはとく」


とあり。この君ののたまひたらむだにをかしかべきに、まして仰せごとのさまはおろかならぬ心地すれば、
  
雲の上もくらしかねける春の日を所がらともながめつるかな

私には、

「今宵のほども少将にやなり侍らむとすらむ」


とて、暁にまゐりたれば、

「昨日の返し、『かねける』いとにくし。いみじうそしりき」


と仰せらる、いとわびしう、まことにさることなり。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。