manapedia
枕草子 原文全集「雪のいと高う降りたるを/陰陽師のもとなる」
著作名: 古典愛好家
3,707 views
雪のいと高う降りたるを

雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子まゐりて、炭櫃(すびつ)に火おこして、物語などして、あつまりさぶらふに、

「少納言よ、香炉峰の雪いかならむ」


とおほせらるれば、御格子あげさせて、御簾(みず)を高くあげたれば、笑はせたまふ。人々も、

「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそ寄らざりつれ。なほ、この宮の人にはさべきなめり」


と言ふ。



陰陽師のもとなる

陰陽師のもとなる小童こそ、いみじうものは知りたれ。祓(はらへ)などしに出でたれば、祭文などよむを、人はなほこそ聞け、ちうとたち走りて、

「酒、水、いかけさせよ」


とも言はぬに、しありくさまの、例知り、いささか主にものいはせぬこそ、うらやましけれ。さらむものがな使はむ、とこそおぼゆれ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。