manapedia
枕草子 原文全集「今朝はさしも見えざりつる空の」
著作名: 古典愛好家
2,071 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

今朝はさしも見えざりつる空の

今朝はさしも見えざりつる空の、いと暗うかき曇りて、雪のかきくらし降るに、いと心ぼそく見いだすほどもなく白うつもりて、なほいみじう降るに、随身めきてほそやかなる男の、かささして、そばのかたなる塀の戸より入りて、文をさし入れたるこそをかしけれ。いと白き陸奥紙(みちのくにがみ)、白き色紙の結びたる、上に引きわたしける墨のふと氷りにければ、末薄(すゑうす)になりたるを、あけたれば、いとほそく巻きて結びたる、巻目はこまごまとくぼみたるに、墨のいと黒う、薄く、くだりせばに、裏表かきみだりたるを、うちかへしひさしう見るこそ、何事なからむと、よそに見やりたるもをかしけれ。まいて、うちほほゑむ所はいとゆかしけれど、とをうゐたるは、黒き文字などばかりぞ、さなめりと、おぼゆるかし。

額髪ながやかに、面(おも)やうよき人の、暗きほどに文をえて、火ともすほども心もとなきにや、火桶の火をはさみあげて、たどたどしげに見ゐたるこそ、をかしけれ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。