manapedia
枕草子 原文全集「関白殿、二月廿一日に」 其の三
著作名: 古典愛好家
3,069 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

関白殿、二月廿一日に

其の二

おはしまし着きたれば、大門のもとに、高麗、唐土の楽して、獅子、狛犬(こまいぬ)をどり舞ひ、乱声の音、鼓の声にものもおぼえず。こはいきての仏の国などに来(き)にけるにやあらむと、空に響きあがるやうにおぼゆ。
 

内に入りぬれば、色々の錦のあげばりに、御簾いと青くかけわたし、屏幔どもひきたるなど、すべてすべてさらにこの世とおぼえず。御桟敷(さじき)にさし寄せたれば、またこの殿ばら立ち給ひて、

「とう下りよ」


とのたまふ。乗りつる所だにありつるを、いますこしあかう顕証(けそう)なるに、つくろひ添へたりつる髪も唐衣の中にてふくだみ、あやしうなりたらむ、色の黒さ赤ささへ見えわかれぬべきほどなるが、いとわびしければ、ふともえ下りず。

「まづ後なるこそは」


などいふほどに、それもおなじ心にや。

「しぞかせ給へ。かたじけなし」


などいふ。

「はぢ給ふか」


など笑ひて、からうじて下りぬれば、寄りおはして、

「『むねかたなどに見せで、かくしておろせ』と、宮の仰せらるれば、来(き)たるに、思ひぐまなく」


とて、ひきおろして、ゐてまゐり給ふ。さ聞こえさせ給ひつらむと思ふも、いとかたじけなし。
 

1ページ
前ページ
1/4
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。