manapedia
枕草子 原文全集「古代の人の/十月十余日の」
著作名: 古典愛好家
1,939 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

古代の人の

古代の人の、指貫着たるこそ、いとたいだいしけれ。前にひきあてて、まづ裾をみな籠め入れて、腰はうちすてて衣の前をととのへはてて、腰をおよびてとるほどに、うしろざまに手をさしやりて、猿の手ゆはれたるやうに、ほどきたてるは、とみのことにいでたつべくもみえざめり。


十月十余日の

十月十余日の、月のいとあかきにありきて見むとて、女房十五六人ばかり、みな濃き衣を上に着て、ひきかへしつつありしに、中納言の君の、くれなゐのはりたるを着て、頸(くび)より髪をかきこし給へりしが、あたらしきそとばに、いとよくも似たりしかな。雛(ひひな)のすけとぞ、若き人々つけたりし。後(しり)にたちて笑ふもしらずかし。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。