manapedia
枕草子 原文全集「男こそ」
著作名: 古典愛好家
5,097 views
男こそ

男こそ、なほいとありがたくあやしき心地したるものはあれ。いときよげなる人をすてて、にくげなる人を持たるもあやしかし。公所(おほやけどころ)に入りたちたる男、家の子などは、あるがなかによからむことをこそは、選(え)りて思ひ給はめ。およぶまじからむ際をだに、めでたしと思はむを、死ぬばかりも思ひかかれかし。人のむすめ、まだ見ぬ人などをも、よしと聞くをこそは、いかでとも思ふなれ。かつ女の目にもわろしと思ふを思ふは、いかなることにかあらむ。

かたちいとよく、心もをかしき人の、手もようかき、歌もあはれによみて、うらみおこせなどするを、返事(かへりごと)はさかしらにうちするものから、よりつかず、らうたげにうちなげきてゐたるを、見すてていきなどするは、あさましう、おほやけ腹たちて、見証(けんそ)の心地も心うくみゆべけれど、身の上にては、つゆ心苦しさを思ひ知らぬよ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。