manapedia
枕草子 原文全集「騒がしきもの/ないがしろなるもの/言葉なめげなるもの」
著作名: 古典愛好家
3,190 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

騒がしきもの

騒がしきもの、走り火。板屋の上にて烏の齋(とき)の生飯食ふ。

十八日に、清水にこもりあひたる。暗うなりて、まだ火をともさぬほどに、ほかより人のきあひたる。まいてとほき所の人の国などより、家の主(あるじ)ののぼりたる、いとさわがし。

ちかきほどに

「火出できぬ」

といふ。されど燃えはつかざりけり。

ないがしろなるもの

ないがしろなるもの。女官どもの髪上姿。唐絵の革の帯のうしろ。聖のふるまひ。

言葉なめげなるもの

言葉なめげなるもの。宮のべの祭文よむ人。舟漕ぐものども。雷(かんなり)の陣の舎人(とねり)。すまゐ。           



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。