manapedia
枕草子 原文全集「身をかへて、天人などは」
著作名: 古典愛好家
2,456 views
身をかへて、天人などは

身をかへて、天人などはかうやあらむとみゆるものは、ただの女房にてさぶらふ人の、御乳母(めのと)になりたる。唐衣(からぎぬ)もきず、裳をだにもよういはばきぬさまにて、御前にそひふし、御丁のうちを居所にして、女房どもをよびつかひ、局にものをいひやり、文をとりつがせなどしてあるさま、いひつくすべくもあらず。
 

雑色の蔵人になりたる、めでたし。去年(こぞ)の霜月の臨時の祭に、御琴を持たりしは、人とも見えざりしに、君達(きんだち)とつれだちてありくは、いづこなる人ぞとおぼゆれ。ほかよりなりたるなどは、いとさしもおぼえず。
               
       

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。