manapedia
枕草子 原文全集「一条の院をば今内裏とぞいふ」
著作名: 古典愛好家
3,045 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

一条の院をば今内裏とぞいふ

一条の院をば今内裏とぞいふ。おはします殿(でん)は清涼殿にて、その北なる殿におはします。西東は渡殿にて、わたらせ給ひまうのぼらせ給ふみちにて、まへは壺なれば、前裁(せんざい)うゑ、籬(ませ)結ひていとをかし。
 

二月二十日ばかりの、うらうらとのどかに照りたるに、渡殿の西の廂(ひさし)にて、上の御笛吹かせ給ふ。高遠の兵部卿、御笛の師にてものし給ふを、御笛二つして高砂ををりかへして吹かせ給ふは、なほいみじうめでたしといふも世の常なり。御笛のことどもなど奏し給ふ、いとめでたし。御簾のもとに集まり出でて、見たてまつる折は、

「芹(せり)摘みし」


などおぼゆることこそなけれ。
 

輔尹(すけただ)は、木工允(もくぜう)にてぞ蔵人にはなりたる。いみじくあらあらしくうたてあれば、殿上人、女房、

「あらはこそ」


とつけたるを、歌につくりて、

「左右(さう)なしの主、尾張人の種にぞありける」


と歌ふは、尾張の兼時がむすめの腹なりけり。これを御笛にふかせ給ふを、そひにさぶらひて、

「なほ高くふかせおはしませ。え聞きさぶらはじ」


と申せば、

「いかが。さりとも、聞きしりなむ」


とて、みそかにのみふかせ給ふに、あなたよりわたりおはしまして、

「かのものなかりけり。ただ今こそふかめ」


と仰せられてふかせ給ふは、いみじうめでたし。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。