manapedia
枕草子 原文全集「社は/蟻通の明神」
著作名: 古典愛好家
9,794 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

社は

社は、布留の社。生田の社。旅の御社。花ふちの社。杉の御社は、しるしやあらむとをかし。ことのままの明神、いとたのもし。「さのみ聞きけむ」とやいはれ給はむ、と思ふぞいとほしき。

蟻通の明神、貫之が馬のわづらひけるに、この明神の病ませ給ふとて、歌よみたてまつりけむ、いとをかし。
 
蟻通の明神

この蟻通とつけけるは、まことにやありけむ、昔おはしましける帝の、ただ若き人をのみおぼしめして、四十になりぬるをば、失はせ給ひければ、人の国の遠きにゆき隠れなどして、さらに都のうちにさるもののなかりけるに、中将なりける人の、いみじう時の人にて、心などもかしこかりけるが、七十ちかき親二人を持たるに、かう四十をだに制することに、まいておそろしとおぢさわぐに、いみじく孝なる人にて、遠き所に住ませじ、一日に一たびみではえあるまじとて、みそかに、家のうちの土をほりて、その内に屋をたてて、籠(こ)めすゑて、いきつつ見る。人にもおほやけにも、失せかくれたるよしを知らせてあり。などか、家に入りゐたらむ人をば、知らでもおはせかし。うたてありける世にこそ。


この親は、上達部などにはあらぬにやありけむ、中将などを子にて持たりけるは。心いとかしこう、よろづのこと知りたりければ、この中将もわかけれど、いと聞こえあり、いたりかしこくして、時の人におぼすなりけり。
 

唐土の帝、この国の帝をいかではかりて、この国うちとらむとて、常にこころみごとをし、あらがひごとをしておそり給ひけるに、つやつやとまろにうつくしげに削りたる木の、二尺ばかりあるを、

「これが本末、いづかた」


と問ひにたてまつれたるに、すべて知るべきやうなければ、帝おぼしわづらひたるに、いとほしくて、親のもとにいきて、かうかうの事なむある、といへば、

「ただ疾(はや)からむ河に、立ちながら、横さまになげいれて、返りて流れむかたを末としるしてつかはせ」


と教ふ。まゐりて我が知り顔にて、

「さて、こころみ侍らむ」


とて、人と具してなげいれたるに、先にしていくかたにしるしをつけて、つかはしたれば、まことにさなりけり。
 

また、二尺ばかりなる蛇(くちなは)の、ただおなじ長さなるを、

「これは、いづれか男女」


とてたてまつれり。また、さらに人え見知らず。例の、中将きて問へば、

「ふたつを並べて尾のかたに、細きすはえをしてさしよせむに、尾はたらかざらむを女としれ」


といひける。やがて、それは内裏のうちにて、さしけるに、まことに一つは動かず、一つは動かしければ、また、さるしるしつけて、つかはしけり。
 

ほどひさしくして、七曲にわだかまりたる玉の、中通りて左右に口あきたるがちひさきをたてまつりて、

「これに緒とをして給はらむ。この国にみなし侍る事なり」


とてたてまつりたるに、

「いみじからむものの上手、不用なり」


と、そこらの上達部、殿上人、世にありとある人いふに、またいきてかくなむといへば、

「大なる蟻をとらへて、二つばかりが腰にほそき糸をつけて、またそれにいますこし太きをつけて、あなたの口に蜜をぬりて見よ」


といひければ、さ申して、蟻をいれたるに、蜜の香をかぎて、まことにいととくあなたの口より出でにけり。さて、その糸のつらぬかれたるを、つかはして後になむ、なほ日の本の国はかしこかりけりとて、後にさる事もせざりける。
 

この中将をいみじき人におぼしめして、

「なにわざをし、いかなる官位をか給ふべき」


と仰せられければ、

「さらに官もかうぶりも給はらじ。ただ老いたる父母のかくれうせて侍る、たづねて都に住ますることを許させ給へ」


と申しければ、いみじうやすき事、とて許されければ、よろづの人の親、これを聞きてよろこぶこといみじかりけり。中将は上達部、大臣になさせ給ひてなむありける。
 

さて、その人の神になりたるにやあらむ、その神の御もとにまうでたりける人に、夜あらはれてのたまへりける。
  
七曲にまがれる玉の緒をぬきてありとほしとは知らずやあるらむ

とのたまへりける、と人の語りし。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。