manapedia
枕草子 原文全集「三条の宮におはしますころ」
著作名: 古典愛好家
3,761 views
三条の宮におはしますころ

三条の宮におはしますころ、五日の菖蒲(さうぶ)の輿などもてまゐり、薬玉まゐらせなどす。若き人々、御匣殿(みくしげどの)など、薬玉して姫宮、若宮につけたてまつらせ給ふ。いとをかしき薬玉ども、ほかよりまゐらせたるに、青ざしといふ物を持て来たるを、あをき薄様を、艶なる硯の蓋にしきて、

「これ、ませ越しにさぶらふ」


とてまゐらせたれば、

みな人の花や蝶やといそぐ日もわが心をば君ぞ知りける

この紙の端をひきやらせ給ひてかかせ給へる、いとめでたし。
                 
                
  

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。