manapedia
枕草子 原文全集「細殿に便なき人なむ、暁に傘さして出でける」
著作名: 古典愛好家
2,714 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

細殿に便なき人なむ、暁に傘さして出でける

「細殿に便なき人なむ、暁に傘さして出でける」

といひ出でたるを、よく聞けば、わがうへなりけり。地下などいひても、めやすく人にゆるされぬばかりの人にもあらざなるを、あやしのことやと思ふほどに、上より御文持てきて、

「返りごと、ただいま」


と仰せられたり。なにごとにか、とて見れば、大傘のかたをかきて、人は見えず、ただ手のかぎりをとらへさせて、下に、
  
山の端明けしあしたより


とかかせ給へり。なほはかなきことにても、ただめでたくのみおぼえさせ給ふに、はづかしく心づきなきことは、いかでか御覧ぜられじ、と思ふに、かかるそらごとのいでくる、くるしけれどをかしくて、異紙(ことがみ)に、雨をいみじう降らせて下に、
  
ならぬ名の立ちにけるかな
さてや、濡衣にはなり侍らむ」


と啓したれば、右近の内侍などに語らせ給ひて、笑はせ給ひけり。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。