manapedia
枕草子 原文全集「五月の菖蒲の/よく炊きしめたる薫物の/月のいと明きに」
著作名: 古典愛好家
3,144 views
五月の菖蒲の

五月の菖蒲(さうぶ)の、秋冬すぐるまであるが、いみじうしらみ枯れてあやしきを、ひきをりあげたるに、そのをりの香ののこりてかかへたる、いみじうをかし。


よく炊きしめたる薫物の

よく炊きしめたる薫物の、昨日、一昨日、今日などは、わすれたるに、ひきあげたるに、煙ののこりたるは、ただいまの香よりもめでたし。


月のいと明きに

月のいと明きに、川をわたれば、牛のあゆむままに、水晶などのわれたるやうに、水のちりたるこそをかしけれ。
              
                  
                   

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。