manapedia
枕草子 原文全集「九月二十日あまりのほど/清水などにまゐりて」
著作名: 古典愛好家
3,227 views
九月二十日あまりのほど

九月二十日あまりのほど、長谷にまうでて、いとはかなき家にとまりたりしに、いと苦しくて、ただ寝に寝いりぬ。

夜ふけて、月の窓よりもりたりしに、人のふしたりしどもが衣の上に、しろふてうつりなどしたりしこそ、いみじうあはれとおぼえしか。さやうなるをりぞ、人歌よむかし。


清水などにまゐりて

清水などにまゐりて、坂もとのぼるほどに、柴たく香の、いみじうあはれなるこそをかしけれ。      
                 
                   
                
              
       

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。