manapedia
枕草子 原文全集「いみじう暑きころ」
著作名: 古典愛好家
2,954 views
いみじう暑きころ

いみじう暑きころ、夕涼(ゆふすず)みといふほど、物のさまなどもおぼめかしきに、男車の、前駆(さき)追ふはいふべきにもあらず、ただの人も後の簾(すだれ)あげて、二人も一人ものりて、はしらせゆくこそ涼しげなれ。まして、琵琶かひ調べ、笛のをとなどきこえたるは、過ぎていぬるもくちをし。さやうなるに、牛のしりがひの香の、なほあやしうかぎしらぬものなれど、をかしきこそものぐるほしけれ。

いとくらう闇なるに、さきにともしたる松の煙の香の、車のうちにかかへたるもをかし。
            
             
            
            

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。