manapedia
枕草子 原文全集「五月ばかりなどに」
著作名: 古典愛好家
3,713 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

五月ばかりなどに

五月ばかりなどに山里にありく、いとをかし。草葉も水もいとあをく見えわたりたるに、上はつれなくて、草生ひしげりたるを、ながながとただざまにいけば、下はえならざりける水の、ふかくはあらねど、人などのあゆむにはしりあがりたる、いとをかし。

左右(ひだりみぎ)にある垣にあるものの枝などの、車の屋形などにさし入るを、いそぎてとらへて折らむとするほどに、ふとすぎてはづれたるこそ、いとくちをしけれ。蓬の、車に押しひしがれたりけるが、輪のまはりたるに、ちかううちかかへたるもをかし。
        
           
              
          

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。