manapedia
枕草子 原文全集「五月ばかりなどに」
著作名: 古典愛好家
4,827 views
五月ばかりなどに

五月ばかりなどに山里にありく、いとをかし。草葉も水もいとあをく見えわたりたるに、上はつれなくて、草生ひしげりたるを、ながながとただざまにいけば、下はえならざりける水の、ふかくはあらねど、人などのあゆむにはしりあがりたる、いとをかし。

左右(ひだりみぎ)にある垣にあるものの枝などの、車の屋形などにさし入るを、いそぎてとらへて折らむとするほどに、ふとすぎてはづれたるこそ、いとくちをしけれ。蓬の、車に押しひしがれたりけるが、輪のまはりたるに、ちかううちかかへたるもをかし。
        
           
              
          

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。