manapedia
枕草子 原文全集「宮仕へ人のもとに来などする男の」
著作名: 古典愛好家
2,855 views
宮仕へ人のもとに来などする男の

宮仕へ人のもとに来などする男の、そこにて物くふこそいとわろけれ。くはする人も、いとにくし。思はむ人の、

「なほ」


など心ざしありていはむを、忌みたらむやうに、口をふたぎ、顔をもてのくべきことにもあらねば、くひをるにこそはあらめ。いみじう酔ひて、わりなく夜ふけてとまりたりとも、さらに湯漬をだにくはせじ。心もなかりけりとて来(こ)ずは、さてありなむ。里などにて、北面よりいだしては、いかがはせむ。それだになほぞある。
               
               
                
     

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。