manapedia
枕草子 原文全集「南ならずは東の」
著作名: 古典愛好家
2,159 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

南ならずは東の

南ならずは東(ひんがし)の廂(ひさし)の板の、かげ見ゆばかりなるに、あざやかなる畳をうちをきて、三尺の几帳の帷子(かたびら)、いと涼し気に見えたるをおしやれば、ながれて、思ふほどよりも過ぎてたてるに、しろき生絹の単衣、紅の袴、宿直物には、濃き衣のいたうは萎えぬを、すこしひきかけてふしたり。
 

灯篭に火ともしたる、二間ばかりさりて、簾高うあげて、女房二人ばかり、童など長押(なげし)によりかかり、また、おろしたる簾にそひてふしたるもあり。火とりに火ふかう埋(うづ)みて、心細げににほはしたるも、いとのどやかに心にくし。
 

宵うち過ぐるほどに、しのびやかに門たたく音のすれば、例の心知りの人きて、けしきばみたちかくし、人まもりて入れたるこそ、さるかたにをかしけれ。かたはらに、いとよく鳴る琵琶の、をかしげなるがあるを、物語のひまひまに、音もたてず、爪(つま)びきにかき鳴らしたるこそ、をかしけれ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。