manapedia
複素数とはなにか
著作名: ふぇるまー
13,205 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

"x²=−1"の解は?

これまで学習してきた2次方程式では、「"x²=−1"を満たすxの値はない」としてきました。数学Ⅱでは、"x²=−1"を満たすxの値が存在すると考えて数学を学習していきます。

複素数

この単元では、新しい数字を学びます。それが"i"です。
"i"とは、2乗すると"−1"となる数のことで、これを式で

"i²=−1"


と表します。
そして"i"を含む数字のことを複素数といいます。

"○+△i"
こんな形をした数字のことです。そして"○"の部分を"実部"、△の部分を"虚部"といいます。(※虚部に"i"はふくまれないので注意しましょう。)

例えば、複素数"1+2i"の実部は"1"、虚部は"2"となります。

複素数・実数・虚数の関係

複素数"a+bi"において"b=0"のとき、

"a+b×i=a+0×i=a"

すなわち"a"は実数となります。つまり、実数は複素数に含まれるといえます。(実数は複素数の中の1つなわけです。)

また複素数"a+bi"において"a≠0、b≠0"のとき、"a+bi"のことを虚数(きょすう)といいます。特に虚数"a+bi"において"a=0、b≠0"、すなわち"bi"のことを純虚数といいます。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
14_197 複素数とはなにか
10分前以内
>




数学II