manapedia
枕草子 原文全集「故殿の御服のころ」 其の一
著作名: 古典愛好家
4,314 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

故殿の御服のころ

故殿の御服のころ、六月のつごもりの日、大祓といふことにて、宮のいでさせ給ふべきを、職の御曹司をかた悪しとて、官の司の朝所(あいたどころ)にわたらせ給へり。その夜さり、暑くわりなき闇にて、なにともおぼえず、せばくおぼつかなくてあかしつ。つとめて、見れば、屋のさまいとひらにみじかく、瓦ぶきにて唐めきさまことなり。例のやうに格子などもなく、めぐりて御簾ばかりをぞかけたる。なかなかめづらしくてをかしければ、女房、庭におりなどしてあそぶ。前裁(せんざい)に萱草(くわんそう)といふ草を、ませゆひて、いとおほくうゑたりける。花のきはやかに、ふさなりて咲きたる、むべむべしき所の前裁にはいとよし。時司(ときつかさ)などはただかたはらにて、鼓の音も例のには似ずぞ聞こゆるを、ゆかしがりて、わかき人々二十人ばかり、そなたにいきて、階よりたかき屋にのぼりたるを、これより見あぐれば、あるかぎり薄鈍(うすにび)の裳、唐衣、おなじ色の単襲、くれなゐの袴どもを着てのぼりたるは、いと天人などこそえいふまじけれど、空よりおりたるにや、とぞ見ゆる。おなじわかきなれど、おしあげたる人は、えまじらで、うらやましげに見あげたるも、いとをかし。
 

左衛門の陣までいきて、倒れさわぎたるもあめりしを、

「かくはせぬことなり。上達部のつき給ふ椅子などに、女房どものぼり、上官などのゐる床子(さうじ)どもを、みなうち倒しそこなひたり」


など、くすしがるものどもあれど、聞きも入れず。


屋のいとふるくて、瓦ぶきなればにやあらむ、暑さの世にしらねば、御簾の外にぞ夜も出で来(き)ふしたる。ふるき所なれば、むかでといふもの、日一日おちかかり、蜂の巣のおほきにて、つき集まりたるなどぞ、いとおそろしき。


殿上人日ごとに参り、夜も居あかしてものいふをききて、

「豈(あに)はかりきや、太政官の地の、今夜行の庭とならむことを」


と誦(ず)しいでたりしこそ、をかしかりしか。


秋になりたれど、かたへだにすずしからぬ風の、所がらなめり、さすがに虫の声など聞こえたり。八日ぞかへらせ給ひければ、七夕祭、ここにては例よりも近う見ゆるは、ほどのせばければなめり。


宰相中将斉信(ただのぶ)、宣方(のぶかた)の中将、道方の少納言など参り給へるに、人々出でてものなどいふに、ついでもなく、

「明日はいかなることをか」


といふに、いささか思ひまはしとどこほりもなく、

「人間の四月をこそは」


といらへ給へるが、いみじうをかしきこそ。


過ぎにたることなれども、心えていふは、誰もをかしき中に、女などこそさやうのものわすれはせね、男はさしもあらず、よみたる歌などをだになまおぼえなるものを、まことにをかし。内なる人も外なるも、心得ずと思ひたるぞことわりなる。


この四月の一日ごろ、細殿の四の口に殿上人あまた立てり。やうやうすべり失せなどして、ただ頭中将、源中将、六位ひとりのこりて、よろづのことをいひ、経よみ、歌うたひなどするに、

「あけはてぬなり。かへりなむ」


とて、

「露はわかれの涙なるべし」


といふことを、頭中将のうちいだし給へれば、源中将ももろともに、いとをかしく誦(ず)んじたるに、

「いそぎける七夕かな」


といふを、いみじうねたがりて、

「ただあかつきのわかれ一筋を、ふとおぼえつるままにいひて、わびしうもあるかな。すべて、このわたりにて、かかること、思ひまはさずいふは、いとくちをしきぞかし」


など、返す返すわらひて、

「人にな語り給ひそ。かならずわらはれなむ」


といひて、あまりあかうなりしかば、

「葛城の神、いまぞずちなき」


とて、逃げおはしにしを、七夕のをりにこのことをいひいでばやと思ひしかど、宰相になり給ひにしかば、かならずしもいかでかは、そのほどに見つけなどもせむ、ふみかきて、殿司(とものづかさ)してもやらむ、など思ひしを、七日に参り給へりしかば、いとうれしくて、その夜のことなどいひいでば、心もぞえ給ふ、ただすずろにふといひたらば、あやしなどやうちかたぶき給ふ、さらばそれにを、ありしことばいはむ、とてあるに、つゆおぼめかでいらへ給へりしは、まことにいみじうをかしかりき。月ごろいつしかと思はへたりしだに、わが心ながらすきずきしとおぼえしに、いかでさ思ひまうけたるやうにのたまひけむ。もろともにねたがりいひし中将は、おもひもよらでゐたるに、

「ありし暁のこと、いましめらるるはしらぬか」


とのたまふにぞ、

「げに、げに」


とわらふめる、わろしかし。



其の二

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。