manapedia
整式の割り算[2種類以上の文字を含んだ整式の除法問題]
著作名: ふぇるまー
10,691 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2種類以上の文字を含んだ整式の除法

"A=x+3xy+2xy-4y"
"B=x-y"
のとき、2つの式をxについての整式と考えて、A÷Bを計算し商と余りを求めなさい。


これまでは、"(x³−2x²+3x−1)÷(x−1) "のように文字が1つだけの計算をみてきましたが、ここでは"x"、"y"と2つの文字が含まれた整式の割り算についてみていきましょう。

ポイントとなるのは、"xについての整式と考えて"ですが、xについての整式ということは、xについて降べきの順に並べ直してから計算をするように心がけましょう。設問ではすでに降べきの順になっているので、特に手を加えることなく計算をしていきます。

筆算をするときに、"xy"という項がないのでこの部分をあけておきましょう。計算がしやすくなります。

ALT



商の部分に"xy"という項がありますが、筆算の商の部分に2つ以上の文字が並ぶこともある点にも見慣れておきましょう。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II