manapedia
枕草子 原文全集「七日の日の若菜を」
著作名: 古典愛好家
3,388 views
七日の日の若菜を

七日の日の若菜を、六日、人の持て来(き)、さわぎとりちらしなどするに、見も知らぬ草を、子どものとり持てきたるを、

「なにとか、これをばいふ」


と問へば、とみにもいはず、

「いま」


などこれかれ見あはせて、

「耳無草となむいふ」


といふもののあれば、

「むべなりけり。聞かぬ顔なるは」


と笑ふに、またいとをかしげなる菊の生ひいでたるを持て来たれば、

つめどなほ耳無草こそあはれなれ あまたしあればきくもありけり

といはまほしけれど、またこれも聞きいれるべうもあらず。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。