manapedia
枕草子 原文全集「九月ばかり」
著作名: 古典愛好家
5,932 views
九月ばかり

九月ばかり、夜ひと夜降り明かしつる雨の、けさはやみて、朝日いとけざやかにさし出でたるに、前栽(せんざい)の露は、こぼるばかりぬれかかりたるも、いとをかし。透垣(すいがい)の羅文(らんもん)、軒のうへに、かいたる蜘蛛の巣の、こぼれ残りたるに、雨のかかりたるが、白き玉をつらぬきたるやうなるこそ、いみじうあはれにをかしけれ。

すこし日たけぬれば、萩などのいと重げなるに、露のおつるに枝のうちうごきて、人も手ふれぬに、ふと上ざまへあがりたるも、いみじうをかし。といひたることどもの、人の心には露をかしからじと思ふこそ、またをかしけれ。

                
           

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。