manapedia
枕草子 原文全集「いみじう心づきなきもの」
著作名: 古典愛好家
3,421 views
いみじう心づきなきもの

いみじう心づきなきもの。

祭、禊(みそぎ)など、すべて男のもの見るに、ただひとり乗りて見るこそあれ。

いかなる心にかあらむ。

やむごとなからずとも、わかき男などのゆかしがるをも、ひき乗せよかし。

すきかげにただひとりただよひて、心ひとつにまもりゐたらむよ。

いかばかり心せばく、けにくきならむとぞおぼゆる。

ものへいき、寺へもまうづる日の雨。

つかふ人などの、

「我をばおぼさず、なにがしこそ、ただいまの時の人」


などいふを、ほの聞きたる。

人よりはすこしにくしと思ふ人の、おしはかりごとうちし、すずろなるものうらみし、わがかしこなる。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。