manapedia
アルカン・アルケン・アルキンの性質と覚え方
著作名: 藤山不二雄
48,654 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

アルカン・アルケン・アルキン

初めて聞く人は「?」とお思いでしょう。
有機化合物のうち炭素と水素のみで構成される化合物炭化水素といいますが、炭化水素は炭素間の結合(すなわち飽和か不飽和か)、鎖式か環式かによって区別することができます。
炭化水素で非常に重要なファクターですので、しっかりと抑えていきましょう。

アルカンとは

アルカンとは、炭素間の結合が単結合のみである炭化水素のことです。
例えば(メタン)や(エタン)などがこれに該当します。
CとHの数には規則性があって、で表すことができます。

アルケンとは

アルケンとは、 炭素間の結合のうち1組だけ二重結合を含む炭化水素のことです。
例えば(エテン)や(プロペン)などです。( ※炭素が1つのアルケンは存在しません。)
アルケンにもCとHの数には規則性があり、と表すことができます。

ちなみに、アルカンの語尾を変えるとアルケンの物質の名前になります。
エタン→エテン、プロパン→プロペン、ブタン→ブテンとアルカンの語尾の「ane」を「ene」に変更すればアルケン物質の名前になります。

アルキン

もうここまできたら、勘の言い方はわかるかもしれませんね。
アルキンとは、炭素間の結合のうち、1組だけ三重結合を含む炭化水素のことです。
例えば(エチン)や(プロピン)などがこれに該当します。(※炭素が1つのアルキンは存在しません。)
CとHの数の関係はです。

これもまた、名前には規則性があります。
エタン→エチン、プロパン→プロピン、ブタン→ブチンとアルカンの語尾の「ane」を「yne」に変えればよいのです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学