manapedia
枕草子 原文全集「殿上より、梅の散りたる枝を」
著作名: 古典愛好家
3,301 views
殿上より、梅の散りたる枝を

殿上より、梅の散りたる枝を、

「これはいかが」


といひたるに、

「ただ、はやく落ちにけり」


といらへたれば、その詩を誦(ず)して、殿上人、黒戸にいとおほくゐたる、上の御前(おまへ)に聞こしめして、

「よろしき歌などよみて出だしたらむよりは、かかることはまさりたり。よくいらへたる」


と仰せられき。
            
            
            
            
            
            
            

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。