manapedia
直線の傾きと正接(tanθ)[角度を使っての直線の傾きの求め方]
著作名: ふぇるまー
56,701 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

直線の傾きと正接(tanθ)

直線の傾きと正接(タンジェント)の関係についてみていきます。
ALT


図のような直線、"y=ax"があります。このとき"y=ax"の傾き"a"は、

で求めることができます。
これは中学数学で勉強をした、直線の傾きの求め方そのものですね。

次に、図の△OABに注目をします。"∠AOB=θ"とすると、

と表せますね。

以上のことから、直線の傾きとtanθの値は等しいといえます。


練習問題 その1

次の図において、
(1) θ=45°
(2) θ=60°
のとき、直線の傾きの値を求めてみよう

ALT


(1) θ=45°

tanθと直線の傾きは同じ値になることから、θ=45°のとき、直線の傾きは

"tan45°=1"

(1) θ=60°

tanθと直線の傾きは同じ値になることから、θ=60°のとき、直線の傾きは

"tan60°=√3"

ではもう1問解いてみましょう。


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I