manapedia
枕草子 原文全集「たとしへなきもの/夜鳥どものゐて」
著作名: 古典愛好家
3,829 views
たとしへなきもの

たとしへなきもの。

夏と冬と。

夜と昼と。

雨ふる日と照る日と。

人の笑ふと腹立つと。

老ひたると若きと。


白きと黒きと。

思ふ人とにくむ人と。

おなじ人ながらも心ざしあるをりとかはりたるをりは、まことにこと人とぞおぼゆる。

火と水と。肥えたる人痩せたる人。髪ながきとみじかき人と。

夜鳥どものゐて

夜烏(よがらす)どものゐて、夜中ばかりにいねさはぐ。

落ちまどひ木づたひて、寝おびれたる声に鳴きたるこそ、昼の目にたがひてをかしけれ。

                
               
              
 

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。