manapedia
枕草子 原文全集「集は/歌の題は/おぼつかなきもの」
著作名: 古典愛好家
2,957 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

集は

集は古万葉。古今。


歌の題は

歌の題は宮こ。葛。三稜草(みくり)。駒。霰(あられ)。


おぼつかなきもの

おぼつかなきもの。

十二年の山ごもりの法師の女親(めおや)。しらぬ所に、闇なるに行きたるに、あらはにもぞあるとて、火もともさで、さすがに並みゐたる。

今いできたるものの、心もしらぬに、やむごとなき物持たせて人のもとにやりたるに、遅くかへる。ものもまだ言はぬちごの、そりくつがへり、人にもいだかれずなきたる。
            
            
              
              


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。