manapedia
枕草子 原文全集「よき家の中門あけて」
著作名: 古典愛好家
2,112 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

よき家の中門あけて

よき家の中門あけて、檳榔毛(びろうげ)の車しろくきよげなるに、蘇枋(すはう)の下簾(したすだれ)、にほひいときよらにて、榻(しぢ)にうち掛けたるこそめでたけれ。

五位六位などの、下襲(したがさね)の裾はさみて、笏のいとしろきに、扇うちおきなどしてとかくいきたがひ、また、装束し、壺胡(つぼやなぐひ)負ひたる随身の出入りしたる、いとつきづきし。

厨女(くりやめ)のきよげなるがさし出て、

「なにがし殿の人やさぶらふ」


など言ふもをかし。
                  
                  
               

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。