manapedia
枕草子 原文全集「わかくよろしきおとこの」
著作名: 古典愛好家
2,564 views
わかくよろしきおとこの

わかくよろしき男の、下衆(げす)女の名、よびなれていひたるこそにくけれ。

知りながらも、なにとかや、片文字はおぼえでいふはをかし。

宮仕への所の局(つぼね)によりて、夜などあしかるべけれど、殿司(とのもづかさ)、さらぬただ所などは、侍(さぶら)ひなどにあるものを具してきてもよばせよかし。

手づから、こゑもしるきに。

はしたもの童(わらはべ)などは、されどよし。
                 
                  
                  
                   
                  

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。