manapedia
枕草子 原文全集「殿上の名対面こそ」
著作名: 古典愛好家
3,650 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

殿上の名対面こそ

殿上の名対面(なだいめん)こそ、なほをかしけれ。御前(ぜん)に人さぶらふをりは、やがて問ふもをかし。あしをとどもしてくづれ出(いづ)るを、上の御局(つぼね)の東おもて、耳をとなへて聞くに、しる人の名のあるは、ふと、例の胸のつぶるらむかし。また、ありともよく聞かせぬ人など、このをりに聞きつけたるは、いかが思ふらむ。

「名告(なの)りよし、あし、聞きにくし」


などさだむるもをかし。


果てぬなりと聞く程に、滝口の、弓ならし、沓(くつ)の音し、そぞめきいづると、蔵人のいみじく高くふみこほめかして、丑寅(うしとら)のすみの高欄(かうらん)に、高膝まづきといふゐずまひに、御前のかたにむかひて、後ざまに

「誰々かはべる」


と問ふこそをかしけれ。高く細く名告り、また、人々さぶらはねば、名対面(なだいめん)つかうまつらぬよし奏するも、

「いかに」


と問へば、さはる事ども奏するに、さ聞きてかへるを、方弘(まさひろ)きかずとて、君達(きんだち)の教へたまひければ、いみじう腹だちしかりて、かうがへて、また、滝口にさへ笑はる。


御厨子(みづし)所の御膳棚(おものだな)に沓(くつ)おきて、いひののしらるるを、いとをかしがりて、

「誰か沓にかあらむ。え知らず」


と殿司(とのもづかさ)人々などのいひけるを、

「やや、方弘がきたなきものぞ」


とていとど騒がる。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。