manapedia
枕草子 原文全集「職の御曹司の西おもて」
著作名: 古典愛好家
4,994 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

職の御曹司の西おもて

職(しき)の御曹司(みぞうし)の西おもての立蔀(たてじとみ)のもとにて、頭弁、ものをいと久しういひたち給へれば、さし出でて、

「それは、誰ぞ」


と言へば、

「弁候(さぶらふ)なり」


とのたまふ。

「何か、さも語らひ給ふ。大弁見えばうちすて奉りてむものを」


といへば、いみじう笑ひて、

「たれか、かかる事さへいひ知らせけむ。それ、さなせそ、と語らふなり」


とのたまふ。

いみじう見え聞えて、をかしきすぢなど立てたることはなう、ただありなるやうなるを、みな人、さのみ知りたるに、なほおくふかき心ざまを見しりたれば、

「おしなべたらず」


など、おまへにも啓し、また、さ知ろしめしたるを、つねに、

「『女はおのれをよろこぶもののために顔づくりす。士はおのれを知るもののために死ぬ』となむ言ひたる」


と言ひあはせ給ひつつ、よう知り給へり。

「遠江の浜柳」


と言ひかはしてあるに、若き人々、ただ言ひに

「見苦しきことども」


などつくろはず言ふに、

「この君こそ、うたて見えにくけれ。こと人のやうに、歌うたひ、興じなどもせず、けすさまじ」


などそしる。


さらにこれかれにもの言ひなどもせず、

「まろは、目は縦ざまにつき、眉は額ざまに生ひあがり、鼻は横ざまなりとも、ただ、口つき愛敬づき、おとがひの下・くびきよげに、声にくからざらむ人のみなむ、思はしかるべき。とは言ひながら、なほ顔いとにくげならむ人は、心憂し」


とのみのたまへば、ましておとがひ細う、愛敬おくれたる人などは、あいなくかたきにして、御前にさへぞあしざまに啓する。 


ものなど啓せさせむとても、そのはじめ言ひそめてし人をたづね、下なるをも呼びのぼせ、つねに来て言ひ、里なるは文かきても、みづからもおはして、

「おそく参らば、『さなむ申したる』と申しに参らせよ」


とのたまふ。

「それ、人の候ふらむ」


など言ひゆづれど、さしもうけひかずなどぞおはする。


「あるにしたがひ、さだめず、何事ももてなしたるをこそ、よきにすめれ」


とうしろ見聞こゆれど、

「わがもとの心の本性」


とのみのたまひて、

「改まらざるものは心なり」


とのたまへば、

「さて、憚(はばか)りなしとは何を言ふにか」


とあやしがれば笑ひつつ、

「なかよし、なども人にいはる。かく語らふとならば、何かはづる。見えなどもせよかし」


とのたまふ。

「いみじくにくげなれば、さあらむ人をば、え思はじ、とのたまひしによりて、え見え奉らぬなり」


と言へば、

「げに、にくくもぞなる。さらば、な見えそ」


とて、おのづから見つべき折も、おのれ顔ふたぎなどして見給はぬも、まごころに、空ごとし給はざりけりと思うに、三月つごもりがたは、冬の直衣(なをし)の着にくきにやあらむ、うへの衣がちにてぞ殿上の宿直姿もある。


つとめて、日さし出づるまで、式部のおもとと小廂(こびさし)に寝たるに、おくの遣戸(やりど)を開けさせ給ひて、主上の御前(おまへ)・宮の御前、出させ給へば、起きもあへずまどふを、いみじう笑はせ給ふ。唐衣(からぎぬ)をただ汗衫(かざみ)のうへにうち着て、宿直物(とのゐもの)もなにも、うづれながらある、うへにおはしまして、陣より出で入るものども御覧ず。殿上人の、つゆしらでよりきて、もの言うなどもあるを、

「けしきな見せそ」


とて、笑はせ給ふ。さて立たせ給ふ。

「二人ながら、いざ」


と仰せらるれど、

「いま顔などつくろひたててこそ」


とて参らず。 


入らせ給ひてのちも、なほめでたきことどもなど言ひあはせてゐたる、南の遣戸のそばの木丁の手のさし出たるにさはりて、簾(すだれ)の少しあきたるより、黒みたるものの見ゆれば、則隆(のりたか)がゐたるなめり、とて見もいれで、なほ事どもを言ふに、いとよく笑みたる顔のさし出でたるも、なほ則隆なめりとて見やりたれば、あらぬ顔なり。あさましと笑ひさわぎて、木丁ひきなほし、かくるれば、頭弁にぞおはしける。見え奉らじとしつるものを、といとくちをし。もろともにゐたる人は、こなたに向きたれば、顔も見えず。


立ち出でて、

「いみじく名残なくも見つるかな」


とのたまへば、

「則隆と思ひ侍りつれば、あなづりてぞかし。などかは見じとのたまふに、さつくづくとは」


と言ふに、

「女は、寝起き顔なむいとよき、と言へば、ある人の局に行きて、垣間見して、またも見えやする、とて来たりつるなり。まだうへのおはしましつる折からあるをば知らざりける」


とて、それより後は、局(つぼね)の簾(すだれ)うちかづきなどし給めりき。







このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。