manapedia
枕草子 原文全集「あてなるもの」
著作名: 古典愛好家
7,992 views
あてなるもの

あてなるもの。  
  
うす色にしらかさねの汗衫(かざみ)。
  
かりのこ。
  
削り氷(ひ)にあまづら入れて、あたらしき金鋺(かなまり)に入れたる。
  
水晶の数珠(ずず)。
  
藤の花。  
  
梅の花に雪の降りかかりたる。

いみじううつくしきちごの、いちごなどくひたる。
                      
                       
                       
                       
                       
                      

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。