manapedia
枕草子 原文全集「おいさきなく、まめやかに」
著作名: 古典愛好家
3,820 views
おいさきなく、まめやかに

おいさきなく、まめやかに、ゑせざいはいなど見てゐたらむ人は、いぶせくあなづらはしく思ひやられて、なを、さりぬべからむ人のむすめなどは、さしまじらはせ、世のありさまもみせならはさまほしう、内侍のすけなどにて、しばしもあらせばや、とこそおぼゆれ。

宮仕へをする人を、あはあはしうわるきことにいひ思ひたるをとこなどこそ、いとにくけれ。げにそもまたさることぞかし。かけまくもかしこきおまへをはじめ奉りて、上達部、殿上人、五位四位はさらにもいはず、見ぬ人はすくなくこそあらめ、女房の従者(ずさ)その里よりくる物、長女、御厠人の従者、たびしかはらといふまで、いつかはそれを恥づかくれたりし。殿原などは、いとさしもやあらざらん。

それもあるかぎりは、しかさぞあらん。上などいひてかしづきすへたらむに、心にくからずおぼえむ、ことわりなれど、また内の内侍のすけなどいひて、折々内へまいり、祭りの使などに出でたるも、おもだたしからずやはある。

さて、こもりいぬるは、まいてめでたし。受領の五節いだすおりなど、いと鄙びいひしらぬことなど、人にとひききなどはせじかし。心にくき物なり。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。