manapedia
二項定理の計算問題
著作名: ふぇるまー
29,917 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

二項定理とは

パスカルの三角形を利用して、次の定理を導くことができます。

(a+b)ⁿ=nC₀aⁿ+nC₁aⁿ⁻¹b+nC₂aⁿ⁻²b²+…+nCraⁿ⁻ʳbʳ+…+nCn₋₁abⁿ⁻¹+nCnbⁿ

※nCrのnとrは下付き文字


この定理を二項定理といいます。
指数の数が大きいときに、この定理は力を貸してくれます。

では早速、二項定理を用いて次の問題を解いてみましょう。

練習問題

次の式を二項定理を用いて計算しなさい
(1) (a+b)⁵
(2) (x−2y)⁴


(1) (a+b)⁵

 (a+b)⁵
=₅C₀a⁵+₅C₁a⁴b+₅C₂a³b²+₅C₃a²b³+₅C₄ab⁴+₅C₅b⁵
=a⁵+5a⁴b+10a³b²+10a²b³+5ab⁴+b⁵

(2) (x−2y)⁴

 (x−2y)⁴
=₄C₀x⁴+₄C₁x³(−2y)+₄C₂x²(−2y)²+₄C₃x(−2y)³+₄C₄(−2y)⁴
=x⁴-8x³y+24x²y²-32xy³+16y⁴

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II