manapedia
三角比を学ぼう[座標を用いて三角比の拡張をする問題]
著作名: ふぇるまー
18,865 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三角比の拡張

これまでは三角形を用いて三角比を考えてきましたが、ここでは座標を用いて三角比を考えてみましょう。数学Ⅰの範囲では、座標を用いることで"0°〜180°"の三角比を考えるようになります。

まずは下図をみて次のことを覚えましょう。


ALT





※ただしθ=90°のときはx=0なのでtanθの値はなし


問題

ではこれを使ってどのように問題を解くのかをみていきましょう。
次のような図があったとします。


ALT

半径が√2の円において、θ=135°とする。
このときのsinθ、cosθ、tanθの値を求めなさい。


△OPAにおいて∠POA=45°、∠PAOは直角なので、∠APO=45°であることがわかります。ということは、△OPAは、

PA:OA:PO=1:1:√2

の三角形ですね。
"OP=半径=√2"なので、このことからPの座標は(−1、1)となります。
ALT

先ほどの公式より





となります。
解法への鍵は、点Pの座標を求められるかどうかです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I